MENU

ナッジを生かした事業運営

2020 11/24
目次

ナッジとは

こんにちは。
荒井竜哉です。

突然ですが、「ナッジ(nudge)をご存知でしょうか。

「ひじで軽く突いて注意を促す」

という意味で、

行動経済学では強制せずに行動を促す

「仕掛け」や「方法」を指します。

  

有名な事例がトイレの的、です。

男性は恐らく全員、なぜか「全集中」で狙ってしまいます。

画像:Step-Try-Step

海外では

 

「投票箱の灰皿」

 

というものもあるようです。

 

 


サッカーで世界最高のプレイヤーは?

ロナウド or メッシ?

 

 

 

こう書かれた投票ボックス型の灰皿を用意することで

 

吸い殻をポイ捨てしないだけでなく、

 

思わず吸い殻を集めて投票したくなるような

 

仕掛けです。

画像:同上

身近な事例からナッジの活用を考えてみる

他にも身近なところでは、

コロナで密を避けるために

レジの行列の間隔を空けるシールや

画像:文具屋さんドットコム

今では当たり前になったアルコール消毒ですが、

浸透してなかったコロナ前では

病院に「真実の口」を設置して

思わず手を入れるとアルコール消毒される仕掛けもあったりします。

画像:看護roo!

もし自社の事業運営上、

「もうちょっと○○だったらいいのに・・・」

と思うことがあったら

こういった「ナッジ」を活用して、

思わず行動してしまうような仕掛けを考えてみるのも

一考かもしれません。

 

ただし、気づかずに行動を促す、

というのがミソなので

その工夫が

「自分がされて嫌なことでないか」

振り返って確認しておくことが重要です。

仮に一時的に効果が出たとしても

顧客から心理的な反発を受け、

取り組みそのものが受け入れられなくなる

そんなことにならないような配慮も

求められます。


ブログ村ランキングに参加しています!
少しでもブログが役に立った!面白い!と思っていただけた方は、下のボタンを”ポチッ”と押して下さい!中小企業診断士が、より社会を”パッと”明るくするためにも、応援よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

執筆者

荒井 竜哉|中小企業診断士
Arai Tatsuya

企業でのIT導入支援、運用支援を通じて、経営/業務課題の解決に取り組む。またコンサルティングファームで公的事業領域での事業計画、マネジメント支援にも従事。
マネジメントとオペレーションの両面から課題を解決することを心がけている。信条は「苦あれば楽あり」。


コメント

コメントする

目次
閉じる